自律神経失調症の治し方を知る【ハッピーメンタルLIFE】

原因不明の体調不良

看護師

検査では異常なし

医療機関で検査をしても、とりたてて異常はないのに体調不良となってしまうのが、自律神経失調症です。自律神経とは、自分の意志とは関係なく機能している神経のことです。例えば、手や足は自分の意志で動かすことができますが、心臓は不可能です。ですから、心臓は自律神経に支配されているということになります。その自律神経が調和を失ってしまう病気が、自律神経失調症です。症状は様々です。頭痛やめまい、耳鳴り、動悸、倦怠感等といった症状が自律神経失調症の代表的な症状です。ただ、厄介なのは前述したとおり、医療機関の検査では、原因の判明が困難なことです。自律神経失調症の代表的な症状は、自律神経失調症ではなくても発症します。その場合、医療機関の検査で判明します。しかし、検査で判明しないとなると、原因不明ということになってしまいます。ですから、中には異常なしとの診断を下す医療機関もあるのです。しかし、自律神経失調症も歴とした病気です。そして、放置すると日常生活に大きな支障をきたす、深刻な状況に陥る可能性がある恐ろしい病気です。ですから、もし異常なしとの診断を下されたとしても、体調不良を感じるのならば、別の医療機関を受診すべきです。

あせらず根気よく

自律神経の調和を失う原因となるのが、ストレスや不規則な生活です。現代は、ストレスを感じないで生きるのが難しい世の中です。また、不規則な生活になりがちな世の中でもあります。ですから、現代人に自律神経失調症の人は多い傾向にあり、この傾向は今後も続くことが予想されます。原則的な治し方は、ストレスへの対応力の強化、及び、不規則な生活の改善ということになります。しかし、それらは中々取り組むのが難しい治し方ですので、別のアプローチでの治し方も存在しています。例えば、指圧や整体、ストレッチ等の理学療法は有効な治し方だとされています。また、五感に働きかけるような治し方、心地の良い音楽を聴いたり、アロマテラピーといったことも有効だとされています。そして、医療機関を受診すれば、薬物療法やカウンセリング等の治療となります。ただ、自律神経の調和は一度失うと、取り戻すことが困難な場合が往々にしてあります。ですから、これらの治し方は必ずしも万能ではない、言い換えれば、即効性がない場合があるのです。従って、あせらずに根気よく治すことが必要だと言えます。そして、1つの治し方だけを取り入れるのではなく、いくつか取り入れてみることも有効です。