自律神経失調症の治し方を知る【ハッピーメンタルLIFE】

原因の分からない症状なら

医者と看護師

診察や検査では異常なし

身体に不調があるのに病院で診察や検査を受けても異常が見つからないという人に疑われるのが自律神経失調症です。頭痛や下痢、憂鬱感など現れる症状は多岐にわたり誰にでも起こり得るものです。ストレス社会と呼ばれる現代では自律神経失調症になってしまう人が増え続けています。自律神経失調症が起るメカニズムは、臓器や手足など身体の動きを司る自律神経が乱れることにより身体に様々な不調を引き起こします。自律神経は自分ではコントロールできないため、症状に気づかず重度になってから初めて気づくといった人も多いです。原因は様々ですが遺伝や性格、ストレスなど主に挙げられます。特に真面目で責任感の強い方はなりやすい傾向にあります。自律神経失調症は病気ではなく症状であり、すぐに命の危険を及ぼすものではないですが放っておくとうつ病にも繋がります。少しでも不調を感じたら診察を受けることをお薦めします。ただ最近では原因の特定できないものに安易に自律神経失調症という診断がだされてしまうケースがあり注意が必要です。また自己判断で自律神経失調症と片付けてしまうと大きな病気であったということもあり得ます。治し方は様々ですが、早期発見早期治療が効果的ですので見逃さないようにすることが大切です。

人それぞれ違います

自律神経失調症の症状や原因は人それぞれで治し方も、個々に合った方法をとることが有効です。まず治し方で一番に考えられるのが心療内科での治療です。心療内科では主に症状を和らげるための薬物療法と、原因を取り除くためのカウンセリングが行われます。薬による治療は即効性が高く、症状を抑えることで普通の生活を送ることが出来ます。薬には処方箋が必要な為医師の診察を受けることが必要不可欠です。またカウンセリングにより原因を把握出来たりストレスを緩和できたりします。なのでまずは医療機関への診察を受けることが大事です。ただし、治療にあたっては医師との相性も少なからず影響します。なので合わないと感じたら別の医療機関を探すのも一つの選択肢です。その他の治し方としては、指圧やマッサージ、整体や針灸などの理学療法や音楽療法なども効果が期待できます。また自律訓練法などのセルフコントロールや、生活習慣の見直しなど自分自身で行うこともあります。一つの方法で効果が出なかった人も様々な方法を試すことで、自分に合った治療法が見つかると思います。そして何より自律神経失調症を治すうえで大切なのは休養です。ゆっくり焦らず治療に努めましょう。

不快な症状をなくす基本

医者

自律神経失調症になってしまうと、不快な症状が続いてしまうことから、体も気分もスッキリとはできません。この治し方としては、生活のリズムを整え、健康的な食事とストレス発散を行うことですが、これで治らなければ病院での治療が効果的です。治療中も生活を乱すことなく、快適な毎日を送っていくように意識しましょう。

» 詳細

原因不明の体調不良

看護師

自律神経失調症とは検査では原因が判明しないのですが、体調不良を感じる病気です。歴とした病気ですので、もし異常なしと言われたら、他の医療機関を受診すべきです。基本的な治し方はストレスへの対応力の強化や不規則な生活の改善です。他にも理学療法、薬物療法等があり、それらを総合的に駆使するのが有効です。

» 詳細

心と体のバランスが大事

医者

心と体のバランスはとても重要です。しかし現代社会のストレスなどによりこのバランスが簡単に崩れてしまいます。自律神経失調症もそれが要因で起こる病気です。治し方は、ストレスのない生活にすることですが、難しい場合には医師に相談するのがベストです。

» 詳細

自宅で出来る方法

女医

自律神経失調症は多くの人が悩んでいる病気です。自分では気づかずに苦しい思いをしている人もたくさんいます。自分で出来る自律神経のバランスの治し方を取りいれてみても改善が見られない場合には、専門家である医師に相談するようにしましょう。

» 詳細